歯周病で悩まれている方へ
歯周病の治療がなかなかうまく行かず、徐々に歯を失って困って当院へ来院される患者さんが多くいらっしゃいます。もう入れ歯しかないと、言われてなかばあきらめている患者さんもいます。歯周病は歯周病菌が歯周ポケット内に感染して始まる病気です。ですから歯周病の治療は歯ぐきの中や歯の根に感染した細菌や歯石を取り除くことが、メインの目的です。
良くならない患者さんの多くが、きちんとした治療をしてもらっていません。進行した歯周病の治療は、歯ぐきの内部深くに感染している細菌や歯石を取り除くことが必要ですが、歯ぐきの上の部分の掃除しか受けていないのです。私のところで歯ぐきの中の歯石をとった患者さんは、今までと全然違うと驚かれます。
歯石は根の表面にこびりついていますので、刃物で削り取らないと取り除くことはできません。薬用歯磨きでいくらブラッシングしても、一時的に症状がおさまるだけで治ることはありません。歯周病が軽度であれば、超音波スケーラーなどで清掃することで治すことが出来ますが、進行している場合は麻酔をして、十分な時間をかけて清掃しないと治りません。根の形態はひとりひとり異なり、複雑です。トレーニングをつんだ人が時間をかけてやってはじめて、歯周病は治っていきます。いろいろなところで、GTRやエムドゲイン、薬でなおす方法が紹介されていますが、基本は感染の除去です。これを怠れば、いくら最先端の治療法を使ったとしても、効果がありません。
GTRやエムドゲインはスウェーデンで開発された技術です。私はその本場に行って、開発した人たちに会ってきましたが、彼らが臨床で行っていたことは、きちんと感染の除去をすることでした。歯周病治療で大事なのは、歯石を取ったり、プラークを除去したりといった感染の除去が9割で、GTRやエムドゲインはのこりの1割、おまけみたいなものだったのです。
lav01.jpg

 

イエテボリ大学歯周病科訪問記
Photo by ミントBlue    

 
プロービングについて
歯周病の検査でもっとも大切なのが、プロービングです。プロービングに用いる道具は、プローブといって、直径0.5〜1mmほどの細いミリ単位の目盛りの ついた細い金属棒です。これを歯と歯ぐきの境目にある溝の中にそおっと入れて、溝の深さを測ります。測定時に痛みを感じることはほとんどありませんが、歯 肉炎がある場合は、出血が認められます。健康な歯ぐきでは、ポケット(溝)の深さは3mm以下です。1歯1歯の歯の周囲をぐるりと測っていくことによっ て、周囲の骨の状態を把握することができます。
IMG_1632.jpgIMG_1631.jpg
歯周病の治療前に検査をすることによって、どのような治療が必要になるのかがわかりますし、治療前後の変化を見ることで、治療の効果がどれくらいあったのかがわかります。
特殊なプローブとして、大臼歯の根の分岐部の状態を調べるファーケーションプローブというものがあり、中〜重度の歯周病の患者さんの場合に使います。

 
歯周病の治療
原則として歯周病の治療に必要な処置には次の3つがあります。
1)歯根の表面についている歯石やプラーク(細菌)といった感染源の除去。
2)再感染防止のためのプラークコントロール方法の習得。
3)明らかに保存不可能な歯の抜歯
1と2の治療がうまくいってはじめて歯周病の進行を止めることができます。 したがって、患者さんに正しい歯周病の知識を持っていただき、正しい
プラークコントロール方法を習得していただくことが、大変重要です。
3については、
できるかぎり歯を残していきたいのですが、無理して残すことで、その歯が歯周病の再発を引き起こす感染源になる恐れがあります。ここのところの判断が治療の結果を左右する重要なポイントになります。残せる可能性のある歯は、基本治療をやった結果で、判断していきます。

歯周治療は基本治療と確定治療の2段階に分けて行われます。
1 基本治療
まずはじめに、ダメージの少ない非外科的治療を行います。
20071011222346.jpg
20071011222436.jpg
歯ぐきに 麻酔をした後、上の写真に示したスケーラーという器具を用いて歯根の表面についている感染源を丹念に削り取っていきます。スケーラーの先端は歯石を削り取る事が出来るように刃物になっています。(拡大写真参照)
歯根の形や本数、長さは個人個人で違っており、レントゲン写真をたよりに、これを手探りで行わなければなら ないため、ポケットの深い重度のケースほど、熟練と根気のいる治療になります。特に根が複数に分かれている奥歯は時間もかかり、歯石を完全に除去することが難しくなります。
2 確定治療
第1段階が終わると再評価をして、どれくらい歯周病がよくなったか調べます。その結果問題が残ったところについて、再度同じ非外科治療を行うか、歯周外科治療をするか、あるいは抜歯するかを決めます。歯周外科治療は、歯ぐきを開けて歯根を露出させた状態で、感染源を除去するので確実に取り除くことが出来ます。治療後のお手入れのことを考えて、歯槽骨の形を整形したり、歯根の形態を修正したりすることもあります。

 
歯周病患者の補綴治療
重度の歯周病患者さんの多くは、歯を支えている歯槽骨が著しく失われてしまうため、咬合力(咬む力)を支えることが出来ずに、歯並びが崩れてしまいます(咬合崩壊)。
歯周病は奥歯から進行することが多く、奥歯が咬合力に耐えられなくなって倒れてきたり、あるいは抜けてしまったりして、かみ合わせの高さが低くなります (咬合高径の低下)。すると、上の前歯が下の前歯から突き上げられるようになり、上の前歯が前へ押し出されて、前歯の間に隙間が出来てきます(フレアーア ウト)。
そのため多くの場合は、矯正治療を行って、かみ合わせを改善する必要があります。しかしながら歯周病が治っても、失われた歯槽骨は元の状態には戻りませんので、矯正治療後に歯を固定してやらないと、再び咬合崩壊を来してしまいます。
固定方法には、ブリッジ(連結したクラウン)を入れる方法と接着剤で止める方法があります。

 
歯周病治療例
とかじ歯科での歯周病治療例をご紹介いたします。
ご覧になりたい症例の写真をクリックしてください。治療例が表示されます。

/A.K.2002.03.30.jpg
/H.Y.2005.12.11.jpg
<症例1> 36歳女性
若年生歯周炎が放置されていたケース

 <症例2> 51歳女性
中等度成人性歯周炎のケース

05.09.03.jpg
K.S.1996.05.29.jpg
 <症例3> 56歳男性
きわめて重度な成人性歯周炎のケース

  <症例4> 55歳女性
歯周外科を行ったケース

KT2006.03.14.jpg
 
 <症例5> 58歳女性
上顎をフルブリッジで補綴した
ケース
 
  
  

 
▲PAGETOP