矯正治療の流れ
1 矯正相談
お困りの問題や治療に関するご質問・ご相談などを詳しくお聞きします。 (歯科カウンセリング


2 矯正検査
適切な矯正治療を行うためには、不正咬合の状態をもたらしている原因がどこにあるのかを正確に把握した上で、それらの情報をもとに的確な診断を行い、治療計画を立てる必要があります。この検査を受けて頂くことで、最良の治療開始時期、治療方法、治療期間、治療費用などが具体的にご呈示出来るようになります。
お口の状態を正確に把握するためには、次のような資料を採らせて頂くことが必要となります。

1)頭部X線規格写真(セファロ)
2)歯のレントゲン写真(デンタル)
3)かみ合わせの模型
4)口腔内写真・顔面写真


検査には1時間から1時間半ほどお時間を頂きます。


3 検査資料の分析と治療計画の立案
検査資料をもとに、骨格の形態(上顎前突・下顎前突・上下顎前突・開口など)や、歯の状態(虫歯・歯周病・根の病気・本数の異常・形態の異常・位置など)、顎の状態(大きさ・形態など)、口元の状態などの分析を行い、その結果に基づいて、良好なかみ合わせの状態を作っていくための慎重な計画をたてていきます。


4 検査結果と治療プランのご説明
検査によって得られたレントゲン写真や模型、検査結果などを見ていただきながら、今のお口の状態とかみ合わせの問題点を患者さんにお伝えしてゆきます。つぎに問題の改善のため に必要な治療方法と治療時期、治療期間、治療料金などについてお話しいたします。治療方法は一つだけではありませんので、患者さんひとりひとりのニーズに合わせて、治療方法をご相談 して決めてゆきます。こうして、受けていただく治療方法や、目的をご理解いただいた上で、治療を始めるかどうか決めて頂くようにしています。
ご説明には30分ほどお時間を頂き、検査診断費用として52,500円かかります。


5 矯正前準備
治療に入る前に、虫歯や歯周病、根の病気の治療をしていただきます。矯正治療は年単位の長い治療期間を必要としますので、その間に問題が起こらないように、前もってきちんと治しておくことが重要です。
治療開始時期までしばらくお待ち頂く場合は、定期検診にてお口の状態を管理させて頂きます。


6 矯正動的治療開始
矯正を始める準備が整いましたら、治療計画に従って矯正装置の製作、装着、必要に応じて歯の抜歯処置を行います。矯正のための抜歯処置は自費となり、1本5000円かかります。
矯正装置が入って歯を動かし始めるまでは、毎週来院して頂きますが、それ以降は原則月1回の来院となります。


7 保定治療開始
歯並びが良い状態になりましたら、保定装置(リテーナー)の型を採らせていただきます。動かした歯の位置が安定するまでには、まだ1年以上の期間が必要となります。その間せっかく治した歯並びが、元に戻ってしまわないように保定装置を使って頂くことになります。
保定装置が入ってからは、半年に1度チェックに来て頂くようになります。


8 資料採得
動的治療が終わりましたら、再度資料を採らせていただき、どのような変化があったのかをチェックさせていただきます。


9 保定治療終了・完了資料採得
動かした歯の位置が安定し、保定装置もはずすことになりました。これで長くかかった矯正治療がようやく終わりになります。最後に完了資料を採らせて頂いて、治療は終わりになります。
    

 
矯正治療に関するQ&A
こちらでは、矯正治療に関して受ける質問にお答えしていきます。順次ふやしていく予定ですので、質問のある方はこちらからどうそ。


1 矯正治療は何歳まで可能ですか?
矯正治療には年齢制限はありません。いくつになっても歯を動かすことは可能です。
ただし、上下顎の骨格のアンバランスを改善する矯正治療は発育中の時期でないと出来ないので、上顎に関してはおおむね10歳くらいまで、下あごに関しては15歳くらいまでとなります。
成長発育が終わってしまった後でも、歯を動かして、かみ合わせを改善することは可能です。

2 矯正治療は痛くありませんか?
歯を動かすのにかける力は、数十から数百グラムになります。逆に強い力をかけてしまうと、歯は効率よく動きません。しかしながら、歯が動くということは歯をささえているまわりの骨が吸収、添加を繰り返して形を変えていくわけですから、軽い炎症を起こす状態になります。このため、歯に力をかけてから1週間くらいは、食事で堅い物などを噛んだ時に、いたく感じることがあります。しかし、普段は何ともありませんので、仕事や勉強に差し支えがでることはありません。

3 通院期間や回数、費用はどれくらいかかりますか?
歯並びの状態や、治療方法によって変わります。矯正の検査を受けていただくことで、通院期間や費用がわかります。一般的には治療期間(歯を動かす期間)は1年から3年、通院頻度は月に1〜2回、費用は総額で40万から120万円くらいとなっています。
4 矯正治療中に妊娠・出産は可能ですか?
若干のリスクを伴いますが、基本的には可能です。
リスクとして考えられるのは、矯正装置が入っているので、つわりや育児で、プラークコントロールが十分にできないと、虫歯になる危険があることがあげられます。これは妊娠・出産に限ったことではありませんが、出産を機に虫歯や歯周病になる方が多いのは、プラークコントロールが不十分だったり、だらだら食べをしてしまうことが原因です。
5 たくさんのレントゲンを撮っても大丈夫でしょうか?
矯正の検査では全部の歯のレントゲン写真(デンタル)の他に、頭のレントゲン写真(セファロ)を撮らせていただいています。
私たちは日常生活の中で常に自然放射線と呼ばれている微量の放射線にさらさられています。これを自然被爆と呼びます。この値は年間に2.4ミリシーベルトであり、これと比較して、デンタル1枚のレントゲン線量は0.02〜0.04ミリシーベルト、セファロは0.01〜0.03mミリシーベルトです。妊婦が放射線に被曝した場合、胎児へ奇形等の影響を発生する1回の検査あたりの放射線量の最低ライン(「しきい値」と呼ばれます)は100mGy〜200mGyであると考えられています。
不必要な放射線は浴びないに超したことはありませんが、撮らないことによって誤った診断をしてしまったり、治療しないことの方が問題が大きいのではないでしょうか。

6 目立たない装置で治療することは出来ますか?
最近では金属の代わりに、セラミックなどの目立たない装置もあります。また、歯の裏側に装置をつける舌側矯正装置や、とりはずしのできるタイプの矯正装置もあります。装置にはそれぞれ適応範囲と治療効果、費用に差がありますので、治療目的に合わせて使い分けることが重要です。どれを使うかは、相談した上で決めるとよいでしょう。
7
答え
8
答え
9
答え

 
矯正治療症例
とかじ歯科での矯正治療例をご紹介いたします。
ご覧になりたい症例の写真をクリックしてください。治療例が表示されます。

AK1992.08.04.jpg
Y.Y.2005.03.13.jpg
<叢生(乱ぐい歯)症例>

 <上顎前突(出っ歯)症例>

E.O.2005.01.26.jpg
YY2002.07.23.jpg
  <上顎前突(過蓋咬合)症例>

  <下顎前突(受け口)症例>

 
 <前歯部開咬症例>
 
  
  

 
▲PAGETOP