歯磨剤の基礎知識
歯磨剤は歯ブラシの使用時に、プラークとステイン(着色)の除去を目的として用いられる。

その基本成分としては以下の物が用いられている。

1)研磨剤........プラークやステインなどの歯の表面の汚れを落とす
          リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、
          無水ケイ酸、炭酸カルシウムなど
2)潤滑剤........歯磨剤に適度の湿り気と可塑性を与える
          ソルビトール、グリセリンなど
3)発泡剤........口中に歯磨剤を拡散させ、口の中の汚れを洗浄
          ラウリル硫酸ナトリウムなど
4)粘結剤........粉体と液体成分を結合させ、保型性を与え、適度の粘性を付与
          カルボキシメチルセロースナトリウム、
          アルギン酸ナトリウム、カラギナンなど
5)香味剤........爽快感と香りづけ
          サッカリンナトリウム、メントール、ミント類など
6)保存剤........変質の防止
          パラベン類、安息香酸ナトリウムなど
7)着色剤........見た目の調整
           法定色素
gi01a201502101000.jpg

この他に特定の意図を持って、以下のような薬用成分が配合される。

1)フッ化物........再石灰化の促進、歯質耐酸性向上
           フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム
2)抗炎症剤........出血防止→トラネキサム酸、イプシロンアミノカプロン酸
          消炎・解毒・抗アレルギー作用→βーグリチルレチン酸
          消炎・血行促進→ビタミンE
          消炎→オオバエキス
3)酵素........歯垢分解除去
           デキストラナーゼ
4)殺菌剤........殺菌効果
           トリクロサン、ビオゾール、塩化セチルピリジニウム
5)知覚過敏........象牙細管封鎖・痛み刺激遮断→乳酸アルミニウム
          神経鈍麻作用・痛み刺激遮断→硝酸カリウム
6)やにとり........ヤニの溶解除去
           ポリエチレングリコール

publicdomainq-0002317rch.jpg

 
▲PAGETOP